デザイナーズの注文住宅とは何か

注文住宅を建てる場合には、あらかじめ明確なデザインを考えておかなければなりません。最終的には設計士と一緒に考えるとしても、何らその住宅のつくりに対して希望もなければ、建売住宅を買ったのと同じような作りになってしまいます。つまり個性的な家ではなく、万人が住みやすい何の個性もない住宅になるでしょう。もちろんそれがよいという人もいますが、せっかく注文にするのであれば、随所にこだわりを入れた方がよいです。こだわりを入れ過ぎるとその注宅はデザイナーズ住宅になります。デザインが凝った住宅の特徴は、普通の住宅とは違い、見た目が非常に個性的な住宅のことを指します。よくあるパターンは、リビングにらせん階段があるつくりです。らせん階段の実用性はほとんどありませんが、見た目の良さから採用している人が多いです。

実用性と機能性のどちらを選ぶか 

注文住宅の中でもデザインに注目するのであれば、デザイナーズ住宅は優れているといえますが、どこまでデザインを追求するかという問題があります。理想的にはどの部屋も個性的な部屋がいいかもしれませんし、個性的な部屋であれば住んでいて楽しくなるでしょう。機能性を備えていれば、それなりに快適に暮らすことも不可能ではありません。ですが実用性があるかといえば、現実的にはなかなか難しい問題になります。デザインを選ぶ場合は、たいてい機能的な部分は残し実用的な部分を犠牲にするか、それとも実用的な部分を残し、機能的な部分を犠牲にするかのどちらかになります。無理してどちらも選ぼうとすることもできますが、非常にお金がかかってしまうかもしれません。お金が無限でないならば、どちらを重視するかをよく家族で話し合いましょう。

設計士に頼む時のポイントについて

注文住宅のデザイナーズ住宅は、デザイナーにお願いをして設計をしてもらいます。ただし設計したデザイナーの違いはそれほど明確ではありません。設計事務所の設計師が、自分の名刺に空間デザイナーなどのように名称を入れると、デザイナーと呼ばれるようになります。つまりその程度の違いしかありません。この際名称はどちらでも良くて、重要なのは、理想的な住宅を建てることができるかどうかです。どの設計士を選ぶかは、自分たちがデザインしてほしいデザインを作れる設計士を選びましょう。有名な設計士といえども、自分たちが理想としていないデザインを得意とするならば、あえてその設計士を選ぶ必要はありません。重要なのはフィーリングです。それぞれの設計士が建てた住宅の作品を見て、ピンと来たものがあればその設計師に任せてみるとよいでしょう。

60年以降も有償で、毎年10年毎の定期点検も行っています。 温度差を緩和する、オリジナルの24時間計画換気システムを取り入れています。 デザイン&テクノロジーをコンセプトに、機能性も備えた家をデザインしています。 ガレージハウスや二世帯住宅など、こだわりから誕生した施工事例も多数掲載しています。 ショールームでは、家づくり・住まいに関する疑問も解決できます! デザイナーズ注文住宅で素敵な毎日へ