どのような注文ができるのかデザイナーズの注文住宅

デザイナーズの注文住宅では、顧客が勝手に注文をつけてはいけないイメージがありますが、実はそうではありません。本来のデザインとは自由なもので、一般の住宅よりも注文は付けやすいと言えます。規格化された住宅は、大量生産や部材の共有が出来ることから価格を下げることが出来ます。デザイン性の高い住宅でも規格化されている場合は価格が安く、この場合は変更により工事費が高くなく可能性があります。規格化されていないデザイン性の高い住宅の場合は、かなりの範囲で注文が可能です。注文が出来るかどうかは、依頼先によっても異なります。大手住宅メーカー場合は、一流の建築家に基本的なデザインを依頼する場合が多く、規格化される傾向にあります。工務店の場合は内部のデザイナーを使うか、設計ごとに設計事務所に依頼する方法がとられるため、設計の自由度は高いと言えます。

デザイナーズの注文住宅を依頼する場合の注意点

大手住宅メーカーの規格化された住宅では、依頼者が注文できる部分は限られています。外観のデザインや部材と工法については、自由に出来ないと考えた方が間違いはありません。自由に注文が可能なのが間取りです。構造や法規の問題にならない限り、間取りは依頼者が自由に決めることが出来ます。大手住宅メーカーが提供する間取りは、誰もが苦痛なく住めるように考えられたものです。しかし、全ての家族の生活に最適に設計されたものではなく、間取りは依頼者により変更すべきものです。変更する部分は細分化された部屋の配置です。日本の家庭では通常は居間に集まって暮らすことが多く、個室よりも居間に面積を使った方が暮らしやすくなります。キッチン廻りも主婦により使い方がかなり異なるので、主婦の目線による注文が不可欠です。

工務店が建てるデザイナーズ住宅は自由な設計が可能

工務店は特に標準設計を持っていないのが一般的です。お勧めの工法や建材、住宅設備はあるものの、原則として全てを自由に出来ます。工務店が勧める工法は長年の伝統に裏打ちされたものが多く、無碍に断ることは依頼者の利益を損ねることになります。工務店が得意とするのは木造建築で、木造建築によりデザイン性の高い住宅を目指すことが依頼者の利益につながります。注文する内容はデザイン性よりも仕様です。屋根は瓦屋根の方が長持ちします。大手住宅メーカーは用いない瓦屋根を採用する事で、差別化を図ることが出来ます。断熱性も高い性能への変更を注文すべきところです。冷暖房の効率の良い住宅は、ランニングコストを減らしてくれます。耐震性は耐震等級3を目指すべきです、実際に認定を取るか取らないかは別としても、同等の仕様は求めたいものです。