デザイナーズの注文住宅を建てる際のポイント

デザイナーズの注文住宅は現代的なデザインセンスが特徴の、魅力的な住宅です。建てる場合は一般の住宅にはない、いくつかのポイントがあります。ポイントの一つは、自由に注文をつけて良いことです。デザイン性が特徴だからと言って、依頼者の注文を受け入れてくれないわけではありません。次のポイントは、デザインを重視するあまり、耐震性や防水性を犠牲にしないことです。デザインが良いことと、機能的であることは本来矛盾しません。機能性を犠牲にしなければ良いデザインができないと言うのでは、優れたデザインとは言えません。住宅はデザインが全てではなく、大切な家族の命を守るためのものです。本来の住宅の機能を忘れて、デザイン性にだけこだわるのは、まったく意味のないことです。

住宅メーカーや工務店が行うマーケティング

デザイナーズな注文住宅は、住宅メーカーや工務店のマーケティングの一貫として生まれました。本来、優れたデザイン性のある住宅は、設計事務所が設計を行うものです。しかし、設計事務所が設計する住宅は独創的でありすぎるため、一般の消費者には理解されない傾向にあります。そこに目をつけたのが住宅メーカーと工務店です。マーケティング力に優れた住宅メーカーや、新たな顧客を開拓しようとする工務店は、一般の消費者でも理解が可能な程度のモダンなデザインにより、商品を売り出す試みをしました。組織もデザイン事務所の形態をとり、消費者にうけるデザインの住宅を販売し、一定の人気を得ることに成功しました。売り上げを伸ばすためのデザインは、本来の住宅の機能を犠牲にする部分があります。依頼者はその点を理解する必要があります。

デザインよりも優先されるべき住宅の機能

デザインは良いにこした事はありませんが、住宅としての機能には変えられません。雨露から住む人を守ることは住宅の基本的な機能です。屋根は雨を防ぐために必要な部位です。防水のためには屋根に勾配を付ける必要があります。壁と屋根の取り合い部分から雨が吹き込みやすいので、その部分を保護するために庇を出す必要があります。デザイナーズの注文住宅は、屋根がフラットで庇が出ていないものが多く、将来、トラブルが発生する確率が高くなります。注文する場合は適切な屋根勾配をとり、庇も出すように指示することが大切です。マーケティングにより受けを狙ったデザインなので、変更はいくらでも可能です。依頼者がコンセプトを考え、明確に指示を出すことで、住宅の基本的な機能を守ることが出来ます。